不妊治療

不妊治療半年の治療費まとめ!タイミング法から人工授精までの費用解説ブログ

不妊治療にかかった費用

2019年1月より不妊治療を開始し、只今6ヶ月目です。

タイミング法から始め不妊治療ですが、今は人工授精を行っています。

不妊治療を始め半年でいくらかかったのかお伝えします。

不妊治療半年で総額いくらかかったのか?

私の不妊治療の経歴

入籍から妊活、不妊治療まで
  • 2017年2月入籍
  • 2017年7月、9月挙式
  • 2017年10月妊活開始
  • 2018年7月化学流産
  • 2018年12月専門病院にて不妊治療開始
  • 2019年2月専門病院にてタイミング法
  • 2019年3月専門病院にてタイミング法
  • 2019年4月人工受精1回目
  • 2019年5月人工受精2回目

2018年12月に初めて不妊治療専門病院を受診しました。

只今半年たっていますが、タイミング法2回ほど行い、フーナーテストの結果が悪かったので、すぐに人工授精にステップアップしました。

2019年1月から5月まででタイミング法2回、人工授精2回行いましたが未だ妊娠できずにいます。

不妊治療半年のかかっている金額

これまでの半年間の不妊治療にかかった費用をまとめました。

日付 金額 受診内容(覚えている範囲)
12月11日 4,340円 甲状腺機能検査、クラミジア検査
1月5日 1,970円 診察
1月11日 1,370円 黄体ホルモン検査
1月31日 1,660円 診察 排卵予測
2月2日 1,040円 フーナーテスト
2月13日 1,160円
2月28日 7,010円 子宮卵管造影検査
2月28日 2,500円 黄体ホルモン検査
2月28日 530円 薬代
3月4日 2,450円 腹部のレントゲン写真
3月7日 5,400円 血液検査
3月7日 890円 フーナーテスト
3月28日 1,080円 排卵予測
3月28日 610円 薬代
4月15日 380円 排卵予測
4月18日 2,140円 排卵予測
4月19日 16,200円 人工授精
4月19日 910円 排卵注射
5月17日 1,820円 排卵日予定確認
5月18日 16,200円 人工授精
5月18日 1,060円 注射
5月18日 730円 薬代
合計 71,450円 検査代&診察代&タイミング法2回&人工授精2回&薬代

まだ治療を始め半年ですが、合計「71,450円」となっております。

私の通っている病院は人工授精、注射も合わせ1回につき「17,260」かかります。

方向的に、夏を目途に、体外受精になるか、腹腔鏡で妊娠しやすいようにするかということになりそうですので少なくともあと3回くらいは人工授精になりそうです。

1万5千円ほどでしたらちょっとお高いカット&パーマ代くらいと同じくらいです。

それと同等の金額で人工授精ができると考えたら、安く感じます。

しかし、人工授精で妊娠できたらいいのですが、問題はその次のステップに上がった時です。

人工授精から体外受精へステップアップの際のお財布事情

人工授精から体外受精にステップアップともなると料金はぐっと一気に上がります。

だいたい1回の体外受精に30万以上かかると言われています。

1回に30万!?ってなかなか大金です。サラリーマンの1回のお給料分が1回でなくなります。。

働いても1回で30万飛ぶわけですから、経済的余裕がない限り、体外受精の回数は限られてきます。

いつ妊娠できるかわからない状況で、体外受精を半年行ったとしたら、半年でおよそ「180万」!!

考えただけでも恐ろしい金額ですし、軽自動車1台が余裕で購入できる金額になります。

ましてや、そのまた1つステップアップした「顕微授精」ともなれば、1回で50万になります。

体外受精、顕微授精に関しては助成金が存在しますが、使用できる回数も限られてますし、経済面から考えると早く授かりたいと願うばかりです。

もし、授かることができたとしても、そのあともお金がかかります。

助成金などをうまく利用しながら、計画立てていくことをお勧めします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です