出産記録

福岡バースクリニック出産レポート①~予定日に産まれました~

無事に40週0日、出産予定日当日に産まれました!!

出産も終わり、だいぶ落ち着いたので出産体験を書いていこうと思います。

福岡バースクリニック出産レポート②福岡バースクリニックで無事出産しました。 入院中のことをお伝えします! ※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する...

 

陣痛ってどんな痛み?

初産の私は陣痛がどんなのかわからないので、予めネットで色々検索し、陣痛を想像してました。

YouTubeでもいろいろな方の陣痛体験話を拝見しました~

下記は実際に陣痛が来たときの体験談です。参考になれば幸いです!

私の場合、日付が変わり予定日になってすぐ、陣痛が始まりました。

臨月に入り、陣痛ってどういう痛みなのかわからないので不安でしたが、陣痛は前駆陣痛とは違い、”あ、これが陣痛だ!”と鈍感な私が気付くほどの痛みでした。

夜中の0時30分くらいから陣痛が始まったのですが、ちょうど1時間前から眠っていたので、痛みで起きたときは陣痛?なのか?と若干寝ぼけてましたが、いつもの前駆陣痛とは違った痛みを感じたので、しばし様子をみることに・・・

痛みは、生理痛の数十倍ひどいバージョンと聞いてましたが、生理痛というよりも、生理痛には似てはいますが、私の感想は、子宮がきゅ~と縮まるような痛みです。一発でこれが陣痛なんだとわかりました。

しばらくしても痛みが続くので、間隔を測ってみることにしました!

ちなみに痛みはまだ我慢できる程度で、旦那との会話もスムーズでした。

陣痛の間隔はどれくらいで産院に電話した?

病院からは陣痛の間隔が10分になったら電話くださいと言われてましたが、私は最初から間隔が5~7分間隔でした(‘_’)

そこで病院に電話すると、今の陣痛の間隔や、痛み具合など細かく聞かれました。陣痛の間隔から”入院バックを持ってきてください”とのことだったので、旦那と産院へ!

私はそこまで痛みが強くなかったので良かったですが、中には初めから痛みが強いかたもいるようですので、予め陣痛が来た時に着ていく服や、入院バッグ、母子手帳など用意しておくとスムーズだったので、いつ陣痛がきても大丈夫なように準備しておくことをお勧めします!

産院での時系列

子宮口が何センチ開いてるかのチェック

13:45

まず病院について、子宮口が何センチ開いているのかのチェックがありました。

私は着いたとき3センチ開いていたのでそのまま入院になりました。

その後、病院が用意している陣痛着に着替え、陣痛室へ!

陣痛室にて子宮口が開くまで待機

2:00

子宮口が7~8センチ開くまで待機ということで、陣痛室で過ごすことに!

陣痛室は、アロマを焚いていてくれて、そしてオルゴールまでかかっていたのでとてもリラックスできる部屋でした。

間隔が短くなってくるとやはり、今まで経験したことのないような痛みを感じ始め、腰をさすってもらったり、水分補給をしたりして、それが朝まで続きました。

テニスボールは陣痛時に腰をさするのに役に立つとの情報があったので、実際にもっていきましたが、私はテニスボールは全然ダメでした。

私が使ったのは、ふくらはぎや、顔の血行をよくする時に使う、ローラーです(笑)

ローラーがもしかしたら使えるのでは?と思い、一応持って行っていたのですが、それが大正解で、ローラーが最高に使えました!

私ももちろん良かったのですが、何よりも腰をさすってくれる旦那がテニスボールより楽だったみたいデス!!

参考までに!!

あってよかった陣痛グッズとは?【体験談】陣痛バッグ、入院バッグとネットで色々調べて準備しましたが、実際に出産を終えてあってよかった陣痛グッズ、入院グッズを紹介します。 実際に...

1~2時間おきに助産師さんが子宮口の開き具合を確認しにきてくれたり、湯たんぽをくれました。

7:30

朝食が運ばれてきました。

ですが、食べる余裕がないくらい痛みと戦っていたので、旦那が食べました(笑)

8:00痛みに耐えきれなくなったので助産師さんを呼びました。

しかしまだ子宮口は6センチしか開いてないとのことで( ;∀;)

助産師さんが腰をさすってくれたり、お尻を押さえてくれて(←まるで同じ痛さを味わっているのではと思うくらい、凄くピンポイントで痛いところを押さえてくれてました。さすが助産師さん!!)陣痛中、ずっと付き添ってくれました。

1時間近く付き添ってもらいましたが、なかなか子宮口が開かなかったです。。

初産ってやはり長いんですね~

もう痛いとかいうレベルではなく、なにか悪いことしたのか?ってくらいもの凄く痛かったです。一番痛かった、辛かったのがこの時間かもしれません。

8:50夜中から続く陣痛で一度も寝れてないので、体力の心配と、陣痛はあるものの、陣痛が弱く子宮口の開きが遅いので急遽促進剤を使うことに!

促進剤を使っても個人差があるようで全く効かない人もいるみたいです!

促進剤のお陰で段々と陣痛が強くなり、耐えきれないくらいの痛みが続きました。

だいたい陣痛感覚が1~2分くらいになってきて、子宮口も7センチまで開きました。

もう少し陣痛室で待機するか、分娩室にもう移動するかと聞かれたので、分娩室に移動したい旨を伝え、分娩室に!

分娩室に行く前にトイレに行ったのですが、間隔が1~2分間隔だったので、トイレに行くだけでも大変で、、、途中いきみながら何度も止まり、、(笑)

とにかく何するもの痛かったです、。


分娩室でついに出産!

分娩室に着くと動いたからか急にいきみたくなりました。

私の産院はフリースタイル分娩方法をとっていて、横向きでも仰向けでも自由な、楽なスタイルで出産することができるみたいなのですが、私は仰向けの方が力が入りやすかったので仰向けのスタイルで産むことになりました。

1分も間隔があいてないくらいの間隔だったのですが、いきんでもいきんでも出てきてくれません、、。

かれこれ分娩室にきて1時間以上はいきんでいます(+o+)

下には下りてきているみたいなのですが、どうやら頭が横を向いているらしくて、それでつっかえているみたいです( ;∀;)

赤ちゃんの心拍も少し弱くなってきているし、私の体力もいつまでいきめるか危うくなってきたので、吸引をすることになりました。

吸引分娩へ!

吸引分娩となると、吸引する機械を膣の中に入れるのですが、想像しただけで痛かったのですが、陣痛の方がはるかに痛く、いつ入れたのかわからないくらいでした。

吸引する際にもいきむのですが、ここまできて帝王切開とか絶対なりたくなかったので最後の力を振り絞っていきみました。

その結果、無事に産むことができました。

先生の技術が高く、赤ちゃんの頭も伸びてなくて、そして会陰切開もすることなく出産出来ました!

産まれてくれてほんとによかったです。

産んだ後のこと

産んだ後は、赤ちゃんは、体に異常がないか、その他身長や体重を測りに旦那と一緒に別の部屋へ!

私は、胎盤を子宮から引っ張り出したり、子宮の様子を見てくれたのですが、出産よりも痛みはないですが、普通に痛くて( ;∀;)

胎盤を見せてもらいましたが、レバーの塊のような感じでした。

助産師さんが胎盤のどこから栄養をもらって。。。とか胎盤のことを色々説明してくれました。

分娩台での授乳!

赤ちゃんの検査も終わったところで、赤ちゃんがお腹がすいているとのことで、分娩台で授乳を行いました。

初めての授乳で、うまく吸ってくれるか不安でしたが、助産師さんの手助けもあり、ちゃんと飲んでくれました。

産まれて初めて口にするものが、ミルクではなく、母乳だったということでなんだか嬉しいです!!

そのあとは分娩台で昼食(笑)

何事もなかったかのようにバクバク食べ完食しました。

その後、自分で赤ちゃんをカートに載せて部屋まで連れて行きました!

出産を終えて・・・

まず一番に感じたのは、2人目はしばらく無理だ!という事です。

出産をなめてました(+o+)

あんなに陣痛が痛いとは思いませんでした。

一番つらかった時間は、分娩室に移る前の陣痛室です。

いつになったら子宮が開くのか、もういい加減出てきてくれ~と何度も思いました。

どの体勢でも痛いし、耐えれるかわからないし、気絶するんじゃないかというような痛みでした。

出産は命がけということが良くわかりました。

とにかく無事に産まれてきてくれて本当に良かったです。

福岡バースクリニック出産レポート②福岡バースクリニックで無事出産しました。 入院中のことをお伝えします! ※個人の体験に基づく口コミ記事です。医療機関に対する...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です